カラーミーショップAPI利用規約

第1条(総則)

  • カラーミーショップAPI利用規約(以下「本規約」という。)は、GMOペパボ株式会社(以下「当社」という。)が提供するショッピングカート付ネットショップ開業ASPサービス「カラーミーショップ (URL: http:// http://shop-pro.jp/)に関するWeb API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース。本件APIによって提供される情報、本件APIを改変、修正又は変更した場合には当該改変等した後の本件APIを含む。以下「本件API」という。)を、本件APIの利用者(以下「ディベロッパー」という。)が利用するにあたっての諸条件を規定するものです。
  • ディベロッパーは、本件APIの利用に関し、本規約のほか、当社が別途定める利用の手引き、ガイドライン等(以下併せて「本規約等」という。)を遵守するものとし、ディベロッパーが本件APIの利用を開始した時点で、本規約等に同意したものとみなします。

第2条(利用登録)

  • 本件APIは、当社が指定する方法によりディベロッパーとして利用登録をした者のみ利用することができます。
  • ディベロッパーは、利用登録に際しては、正確な情報を提供するものとします。
  • ディベロッパーは、利用登録の情報について変更があった場合は、当社が指定する方法により更新するものとします。

第3条(アクセスキー)

  • 当社は、前条の利用登録を確認した後、本件APIの利用に必要となる識別子(以下「アクセスキー」という)を発行します。
  • ディベロッパーは、発行を受けたアクセスキーの管理責任を負うものとし、アクセスキーを第三者に譲渡・貸与・開示してはならないものとします。
  • 当社は、アクセスキーが第三者によって利用されている又はその可能性があると当社が判断した場合は、当該アクセスキーの効力を直ちに停止するとともに、本件APIの利用を中断することがあります。

第4条(本件APIの利用)

当社は、ディベロッパーに対し、当社の提供するサービスの普及、利便性の向上を目的として、本規約等に基づき本件APIを利用することを非独占的かつ再許諾不可として許諾します。

第5条(著作権等の権利の帰属)

  • 本件API並びに実行ファイルその他本件APIに関する一切の著作権その他の知的財産権は、当社が保有するものとします。なお、ディベロッパーが自ら開発したものであって、本件API及び実行ファイルがそれ自体に組み込まれていないソフトウエアコンポーネントはこの限りではありません。
  • 本規約等に基づく本件APIの提供は、ディベロッパーに本件APIに関する著作権及び著作隣接権を含む知的財産権、その他一切の権利を譲渡するものではありません。

第6条(利用状況の情報提供)

  • 当社は、本件APIの利用状況について、ディベロッパーにアンケートやその他の方法により聴取することがあります。その際、ディベロッパーは、開示可能な範囲で当社に情報を提供するものとします。
  • 当社は、提供された情報について、活用事例として公開することがあります。

第7条(本件APIの提供条件)

  • 当社は、ディベロッパーへの事前の通知をすることなく、本件APIの全部又は一部の提供停止、仕様の変更を行うことができるものとします。
  • 当社は、本件APIの負荷状況に応じてアクセス制限をかけることがあります。

第8条(禁止事項)

  • ディベロッパーは、以下に掲げる行為を行ってはならないものとします。
    • 本件APIの運用を妨害する行為
    • 短時間における大量のアクセスその他本件APIの運用に支障を与える行為
    • 前項の目的によらずに、本件APIを通じて提供されるプログラムを複製、改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバース・エンジニアリングを行う行為
    • 当社による許諾を得ることなく、本件API又はそのライセンスを販売、賃貸、再許諾する行為
    • 以下のいずれかに該当する内容を含むアプリケーション等を作成すること
      ①法令又は本規約等に違反する内容
      ②公序良俗に反する内容
      ③閲覧者に誤解を与えるおそれのある内容
  • 当社は、ディベロッパーの運営するサイトやアプリケーション(以下「ディベロッパーサービス」という。)について、協賛、推奨、保証又は公認等を行うものではありません。ディベロッパーは、ディベロッパーサービス上に当社が権利を有する商標、ロゴマーク、キャラクター等を使用し、又は当社が協賛等を行っているとの誤解を生じさせる表示を行わないものとします。

第9条(利用の解除)

当社は、ディベロッパーが本規約等に違反し、又はそのおそれがあると当社が判断した場合には、当該ディベロッパーに対し、事前の通告なしに、本件APIの利用を停止し、利用許諾の取り消し、解除を行うことができるものとします。

第10条(免責)

  • 当社は、本件API及び本件APIから提供する情報の完全性、正確性、有用性(有益性)、安全性、ユーザーが予定している目的への適合性、セキュリティー、権原及び非侵害性についてディベロッパーに対し一切の保証をしません。
  • 当社は、本件APIの中断又は停止によって生じうるあらゆる損害等に関し、ディベロッパーに対し一切の責任を負いません。
  • 当社は、本件APIの利用、ディベロッパーが登録したデータの消失等、ディベロッパーが作成するアプリケーション等に関して生じうるあらゆる損害等に関し、ディベロッパーに対し一切の責任を負いません。

第11条(補償)

  • ディベロッパーは、本件APIの利用により、当社に損害が発生した場合、当該損害のすべてを補償するものとします。
  • ディベロッパーは、本件API及び本件APIから提供する情報を利用したアプリケーション等の作成、運営並びにアプリケーション及びこれに関するサービス、コンテンツ等に関連して、第三者との間で生じた苦情、請求その他の紛争等については、自らの責任と負担において解決するものとし、当社に一切迷惑をかけないものとします。
  • 前項の紛争等に関連して当社が費用を負担し、または賠償金等の支払いを行った場合、ユーザーは当該費用および賠償金等(当社が支払った弁護士費用を含む)を負担するものとします。

第12条(本規約等の変更)

当社は、本規約等を任意に改定できるものとします。本規約等の改定は、改定後の本規約等を本件APIに掲示したときにその効力を生じ、ディベロッパーは改定後の本規約等に従うものとします。

第13条(準拠法及び裁判管轄)

本契約の準拠法は日本国法とし、本契約に関する紛争が生じたときは、訴訟物の価額に従い東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
本規約は、平成25年9月10日から施行します。